パルス

すんばらしいね。
実は「THE BACK HORN」でまとめきれなかったものを今回全部まとめてるって感じ。
「THE BACK HORN」の延長感はあるんだけど、完成度は別物。
まぁ、本人達としては前作の方が気に入ってるのかも。

じゃぁ早速、一曲ずつウザいレビューしてみましょう(^ω^)

1.世界を撃て
Aメロの「~たぁー!」が印象的(笑)初っ端からバクホン独特「ダサカッコよさ」が出てますね。コーラスで叫んでるのは栄ズン先生?将司くんの声が枯れてるのが気になる‥。こういう声好きなんだけど、喉大丈夫か‥?
2.フロイデ
すげー。この辺が新しいバクホンの世界観が良く出てるかも。サビだけ聴くと「オーオオー」のコーラスはちょっと青春パンク臭くてアレだけど‥、曲全体を通しての世界観を考慮すれば、まぁありかな?
3.覚醒
この曲=武道館!13210!もうそれしかイメージが無い(笑)早くDVD見たいわー!栄ズン先生のかっこつけちゃったギターソロが(・∀・)イイ!!武道館のDVDはノーカットらしいから、超期待。一曲目にこの曲であの演出は反則的なカッコよさでした。
4.さざめくハイウェイ
マツ、ポンポンやってんじゃねぇーって思ったら、光舟のブリブリベースがカッコええ。たぶん、最近使ってるプレベ(アメデラ)だろうね。偶然にも俺が最近買ったのと同じモデルの4弦。リアがハムなんよ。まぁ光舟のは確実に特注ですが(笑)ってか栄ズン先生も光舟も、サウンドメイキングガラッと変えたよね。スゲー良くなってる。
5.鏡
「THE BACK HORN」の頃のストックな気がする(笑)作詞山田か?確認‥。やっぱり(笑)だいぶマニアックなファンになってることを実感(笑)山田と言えば叫んでる歌い方が印象的だけど、実は彼の本質はこういうところにあるんですよね。
6.白夜
ちょ!ちょっと待て。まぁ餅つけよ。途中、光舟さん32分で弾いてますよね?バケモンですか?32分とか、リズムとるだけでもきついっす(´Д`ა)2フィンガーでこれだけ弾ける人、そうはいないでしょ‥。3フィンガー・4フィンガーをマスターして、日本のビリー・シーン目指す気ですか?びゃぁ~くぅ~やびゃぁ~くぅ~や。この曲(・∀・)イイ!!
7.蛍
この世界観、好きだなぁ。こいつらだからこその田舎っぽさ・なんだか懐かしい感じが凄く好きです。そしてそういう曲はマツ作詞が多い。ぶっちゃけ、マツの典型的B型な性格はあんまり好きじゃありませんが(笑)
8.グラディエーター
イントロのアルペジオいいねぇ。ドロドロ感が素晴らしい。サビとかももっと重たい感じでもいいかなぁ。ちょっとフワフワ浮いちゃってる感じ。Cメロが「GOING STEADY」の「駆け抜けて青春」と若干被るのは俺だけ(笑)?
9.人間
アレですね。最近のバクホンのこの世界観は、一時期のFFみたいですね(笑)この世界観大好きです。なんかこの曲で伝えようとしてることは、もう音楽の枠を超えてる気がする。歌詞のキツさが昔からのバクホンファンにはたまんないだろうね。
10.罠
ガンダム(;^ω^)サビの乗りとかメロからのつながりが結構好きだったんだけど、聴きなれてくるとメロとサビのつながりがなんか不自然に聞こえてくるね。意外と単調っつーか‥あっさりしすぎと言うか‥もう一捻り欲しいかな。
11.生まれゆく光
イヤコレキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!俺は好きだよコレ。ライブでコレやられたら確実に泣くだろ。上手くまとめたなぁ‥。でも音楽として成り立ちすぎかな。「泣いている人」とか「ヘッドフォンチルドレン」みたいなコテコテな一曲も欲しいなぁ。

みなさんどうですか?
まぁ人によって感じ方は様々でしょうから、このレビューを批判されても困るんでその辺はよろしく(笑)
あ、でも「自分はこう思う」っていう意見を頂くのは大歓迎ですよ。

[tegaki]びゃ~くぅ~やびゃぁ~くぅ~や♪[/tegaki]

うぇ!
KYO-MEIツアー第2弾追加公演!
2009年03月05日「水戸ライトハウス」から!
コレはイクしか無いのか‥。イっちゃうのか!?

追記:
「マツ作曲」って書いてあったのは「マツ作詞」の間違え(;^ω^)
まぁ、作詞してる人が中心になって作曲してるのは間違いないっぽいけどね。
どうやらバクホンの場合は、アレンジまで全て一人でやって、始めて作曲者になれるようだ 笑
こういうのはバンドによって違うんだけど、印税収入の関係とかでいろいろ相談してんでしょ。

あと、いつの間にかバクホンの公式で武道館の時の「罠」と「無限の荒野」が見れるようになってた!
やっぱりこの日は特別声出てるなぁ、将司くん。
DVDで全部見るのが楽しみすぎる(^ω^)

コメントを残す