WordPressをオブジェクトキャッシュで高速化

8月のリニューアルの時にWP Super Cacheは外していたのですが、LolipopとWordPressの相性が最悪で、このブログはクソ重いのなんのって‥。そんな時、たまたま出会ってしまいました。

File-Based Extension to the WordPress Object Cache

oshiire*BLOGさんのWordPress 2.6.x 高速化する、2つの大原則を参考にさせて頂きました。

LolipopでWordPressのブログを運用している方にはかなりオススメです。LolipopはメインのWebサーバとデータベース(MySQL)のサーバが分離しているという、珍しい(?)タイプのサーバで、そのDBサーバが異常に重いわけです。Webサーバ側は割りと軽快なようで、WordPressのプラグインを全部停止してもその重さは殆ど変化なしでした。

以前導入していたWP Super Cacheもキャッシュが効いている時はかなり高速(実質、静的ページになるので)なのですが、初回アクセス時やキャッシュが無効なページ、ログイン中でWP Cacheしか効いていない場合、プラグイン自体がかなり重いようで今度はWebサーバの応答がかなり遅くなってしまっていました。
それにプラグイン系のキャッシュはKtai Style等の携帯表示用プラグインやアクセス毎に動的な動作が要求されるプラグインと併用するとなにかと不都合が発生してしまっていました。
※携帯表示プラグインとの併用方法については当ブログKtai Styleの配布元で紹介されています。

そこで、WordPress2.5.x未満に標準で実装されていたオブジェクトキャッシュを最新のWordPressでも復活させようっていう物です。おそらく、機能的にもかなり改善されているのではないでしょうか。
必要最低限の物だけキャッシュしているので、プラグイン等の動作がおかしくなる事もないようです。そこまで物凄い変化があるわけではありませんが、DBが原因で重くなっている場合はなかなかの効果が見込めると思います。逆に、この手の物は環境によって遅くなる事もあるようなので注意が必要です。仕組みについての詳細はよく分かっていないのであえて説明せずにおきます(笑)

MySQLのクエリキャッシュもかなり興味がありますが、レンタルサーバでは基本的に無理ですね…。自宅サーバに移行したらやってみたいと思います。自宅サーバでは元ネタの記事でも少しふれている、PHPアクセラレートのXCacheを導入して、XCache for WordPressを使おうと思っているので、それまでの繋ぎとなってしまいそうですが、XCacheは動作が不安定という報告もたまに見るので、場合によってはこのまま使い続けるかもしれません。

では、内容が被ってしまいますがFile-Based Extension to the WordPress Object Cacheの導入方法を紹介したいと思います。

1,WordPressの”/wp-content/”内に”cache”というフォルダを作成する(パーミッションは777)

手順としておかしいかもしれませんが、まずこの作業をしておいて頂きたい。何故かというと、このプラグイン(?)がどうだかはわかりませんが、場合によってはフォルダが無い場合プラグイン側で勝手に作成されてしまい、そうなった場合apache権限で作成されてしまうのでレンタルサーバ等の場合権限が足らず、自分で削除ができないフォルダが出来上がってしまいます。経験者は語る。
また、元ネタのブログには記載がありませんでしたが、パーミッションを777(書き込み権限付き)に変更する必要があるかと思います。

2,”object-cache.php”を”/wp-content/”にアップロードする

こちらからダウンロード。zip形式で圧縮されていますので、解凍してください。解凍されたフォルダに入っている”object-cache.php”を”/wp-content/”アップロードします。(プラグインではありませんので”/wp-content/plugin/”ではありません)

3,WordPressのルートディレクトリの”wp-config.php”を編集してキャッシュを有効にする

“wp-config.php”の下の方にdefine(‘ENABLE_CACHE’, true);という一行を追加する。どこでもいいようなのですが上の方に書いたらエラーが出た気がするんで一応下の方で。
試してみたらどこでも大丈夫でした。寧ろ上の方がいいらしい。

これで完了です。
ブログにアクセスしてみると、前より軽くなっているかと思います(環境によって差はあります)。当ブログの場合、かなり体感できるほどの効果がありました。

話しは変わりますが、WordPress2.7のBeta3をいれてみました。いいですね~2.7の管理画面。パフォーマンスの改善もあるのか、今回紹介したキャッシュをいれる前も2.6.3→2.7 Beta3で若干応答速度が良くなっていた気がしないでもないです。プラグインの互換性も問題なさそうだし、2.7の正式リリースが楽しみですね!

コメントを残す