【Ktai Entry】独自ドメインのアドレスで絵文字

Ktai Entry製作者ゆりこさんの指摘を受け、完全に勘違いしていたので記事の内容変更しました。

WordPress Plugins/JSeriesKtai Entry配布ページで説明されている、メールを読み込む方法に「メール着信時に投稿スクリプトを起動」という方法があります。
今までは、Ktai Entryの元々の機能でCronみたいに定期的に読み込む方法をとっていましたが、せっかくだし、サーバの無駄な負担を少しでも減らすためにも、着信時に~って言う方法を実装してみました。

まず、これを実現するには、.forward(Postfixの場合)等を使用できる環境でなければならない。
つまり、自宅サーバ又は専用サーバ等。安価なレンタルサーバでは大抵は無理だと思います。

しかし、
携帯→独自メアド
で投稿すると、絵文字が残念な事になってしまいます。

そこでGmailを使います。

携帯→Gmail→独自メアド
補足:Gmailの設定で、メールを転送する事が可能ですのでそれを利用します。
よく分かってませんが、Gmailが絵文字の文字コードを変換してくれるからKtai Entryで読み込めるようになるのかと‥。

注意点はKtai Entryの設定で【投稿受付メールアドレス】は独自メアドではなくGmailの方を設定します。
Gmailから転送されてくるメールのヘッダが
To(Cc?):○○○@gmail.com
From:×××@携帯
の為です。
ということで、モブログ投稿用のユーザも当然Gmailのアドレスではなく携帯のアドレスでOKです。
POP読み込みは行わないので【投稿設定→メールでの投稿】の設定は必要ありません。

あと、.forwardの設定で

とありますが

のようにダブルクォーテーションで囲まないとダメなようです。(qmailの場合は囲まなくていいみたいです。)
ちなみに自分の環境ではPHPは/usr/local/bin/phpでした。このように、サーバの環境に合わせて変更が必要な場合もあります。

そんな感じでおkかと思います。

いろいろと工夫できるのは自宅サーバの特権だわ~(^ω^)

そういえば、WordPressの管理画面をIEで開くと、すぐ固まるんだけどこれなんだろ?
FireFoxでは何の問題もないんだけど・・。
たぶんJavaScriptとかAjaxとかが変な事になってんだろうけど‥。IE8だけ?いや、IE7でもなったような‥。
あ、64bit版だからかな?^^;

ソフトウェアもハードウェアも、そろそろ64bitに本格的に取り組んでほしいよねぇ‥。

“【Ktai Entry】独自ドメインのアドレスで絵文字” への2件の返信

  1. うはっ…。
    勘違いしまくりでした…。
    お恥ずかしい限りですOTL

    これは inject.php の権限じゃなくて、.forward
    の権限でしょう。

    inject.phpの権限を変更する事でも実行できたのですが、確かにinject.phpの権限を元に戻して.forwardの権限を変更したらできました ^^;
    パーミッションのエラーがinject.phpに出ていたのでてっきり…。

    このフローはなんか違うような気がします。

    はい。勘違いしまくりでした。気にしないでくださいOTL
    結果的に設定があっていたので投稿できていました ^^;

    php は q オプションなんてありませんから

    どうやらqオプションはPHP4の頃に存在したようです…。
    原因はダブルクォーテーションですね。。。

    あまりに意味不明なので、記事の内容書き換えます^^;

  2. エラーメールキター。メールアドレスがない?んなわけない。
    ログチェック…パーミッションなんたら。
    なるほど。inject.phpの権限がメールアドレスのユーザと違うからダメなんですね。わかります。

    これは inject.php の権限じゃなくて、.forward の権限でしょう。.forward-abc123 の owner が ex ユーザーであれば、正常に動くんじゃないでしょうか。inject.php は、読み出し権限さえあれば、owner は問いません。

    ex+××××@gmail.comにメール送信

    Gmailからex-○○○○@makimaki.jpにメールがコピー転送される。

    転送されてきたメールがトリガーになってinject.phpが実行される。トリガーになったメールは保存されないようなので、メールが蓄積される心配もなし!

    GmailのPOPサーバを巡回。ex+××××@gmail.com当てのメールを処理。処理されるメールはGmailのメールボックス内のものなので、絵文字もばっちり ^^

    投稿完了

    このフローはなんか違うような気がします。Gmail から ex-○○○○@makimaki.jp に転送されれば、あとは inject.php で投稿処理が実行されれば十分だからです (絵文字も Gmail から絵文字付きで転送されるので大丈夫)。Gmail に POP 読み出しする必要はありません。というか、重複チェックにより投稿されないはずです。

    php は q オプションなんてありませんから、q オプションじゃなくてダブルクォートが必要だったのだと思われます。このへんはもうちょっと試行錯誤してみてください。

コメントを残す