キットカットアラ☆ゲイ

本日は基本情報技術者試験のお勉強をしておりました。
という事で、これといって書く事ない。
MTBF・MTTR。メモリインタリーブ。スループット。
もうわけわかめ!まぁ、前半はいいんだけど、後半のシステムなんちゃらとか法律の事とかますますわけわかめ。
午後問題がやばす。

まぁ、さっきいじってたWindows Vista 64bit版について。
Windows Media Player 11、64bit版のVistaでも実は32bit版が標準で動いてるんです。
これはコーデック等が64bitに対応してないってのが理由だそうだ。
各種アプリケーション開発者の皆様にも、そろそろ64bitをちゃんと意識していただきたいものです。
Internet Explorerも32bit版が標準になってるのも同じような理由。
Flashが64bit対応してないから、ニコ動見れないし。Adobeさん、頼みますよ。

って事で、レジストリをいじって無理やりWindows Media Playerのネイティブ64bit版を標準で使うように変えました。
“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\wmplayer.exe”
の”(既定)”と”path”をそれぞれ
%ProgramFiles(x86)%\Windows Media Player\wmplayer.exe → %ProgramFiles%\Windows Media Player\wmplayer.exe
%ProgramFiles(x86)%\Windows Media Player → %ProgramFiles%\Windows Media Player
に変更。
おk。
そんだけ。

あとは使いやすいようにスタートメニューのショートカットも
“C:\Program Files (x86)\Windows Media Player\wmplayer.exe” /prefetch:1
から
“C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe” /prefetch:1
に変更。
問題のコーデックはffdshowの64bit版見っけたからそれをインストール。
でも32bit版のコーデックも残しておく事をお勧めします。

現状、64bitOSつかってても結局半分以上32bitのアプリケーションを使ってる状態。
Windows7ではもっと64bit移行を本格化してほしいもんです。
ちなみに、体感速度的に64bitにネイティブで対応してるアプリケーションはそれなりに早いです。
比べると結構明確です。32bit版のアプリケーションを使うと、パソコンの性能をフルに活かしきれて無い感がかなりありますよ。

コメントを残す