ごっちゃん

GhostBSD 1.0登場 – グリーンを基調にしたGnomeテーマを採用
GhostBSD 1.0 Release. Go Green!

GhostBSDが来たようです。
でもインストーラがまだ完成しないようで、1.0-ReleaseとなってもLiveCDのようです。
インストーラはPythonで開発してるみたいですね。
そんな状態で正式リリースとしてしまうのもどうかと…。
このプロダクションには結構期待しているわけで、それだけに尚更残念だ。
そしてこの緑のUI…。
Monochromeな配色で無難な感じでクールに決めとけばいいものを‥。
せめてモノクロ配色にアクセントとして緑とか…。

Python繋がりでZope + Ploneを導入してみました。
これ、いいわ。
面白そう。
ただ、最初FreeBSDのPortsからwww/plone3をビルドしようとしたら、うまくいかなかった。
ちょこちょこコンパイルエラーでてるのが気になりつつ、最期まで一応通ったからちゃんと動くのかと思いきや、Zopeは起動できるも、Plone Siteが追加できず…。
試行錯誤したけど、ダメポ。
FreeBSD8なのが悪いのか…。

まぁ、Portsにあるのは古めのバージョンだし、Plone公式のインストーラがかなり優秀で、シェルスクリプト一発叩くだけでZope、Python、その他必要なライブラリとPloneを一気にインストールしてくれるから、それを使うことに。
Plone4のBeta1が出てたんので、どうせ本格稼働はしないし、コレをインストールしてみました。
Plone3まではPython2.4までしかサポートされなかったけど、Plone4でPython2.6がサポートされるようになったようなので、PythonはもともとPortsで入れてあったものを使用。

ついでにZeoも導入してみました。
Apacheをフロントエンドにmod_balancerでロードバランサー環境を構築。
すんなり構築できました。
Zopeだったりなんなり、新しいインスタンスが上がってるから、メモリ限界すれすれまでくってるけど、Plone自体はだいぶ快適に動作します。
Plone4が正式リリースされたら、Ploneでなにかしらのコンテンツを構築したいと思います。
ちなみに、こんなんです。

さすがにバックエンドにTomcatもZopeもってのは厳しそうなんで、Tomcatはバージョンが上がってからなんか調子悪かったし、Apache Rollerとかも使い道なかったから、落としましたw
Java環境は、仕事でしょっちゅう使ってきて小慣れてきたし、もういいかなってw
重いしw

Python、コンパイル早いねー。

MySQLとかApacheのチューニングもしてみました。
Apacheのディスクキャッシュを有効にしてみたけど、どうも逆に遅くなった気もする…。

ぬーん。。。

ごっちゃん元気かなぁ・・・?

“ごっちゃん” への1件の返信

コメントを残す