【注意】freebsd-updateを使ったFreeBSD 10.1-RELEASEへのアップグレード【バグ】

[2014/12/20 追記] lib32の件は、10.1-RELEASE-p2へのアップデート時に解決されるようになってるっぽいです。

FreeBSD 10.0-RELEASE-p12から10.1-RELEASEにfreebsd-updateでアップグレードしたところ、2つのバグに遭遇し厄介なことに。
既に被害に遭われた方、これからアップグレードする方のためにも、備忘録を残しておきます。

遭遇した既知のバグは以下2つ。

  1. ユーザ管理をLDAPで行っており、/etc/nsswitch.confや/etc/pam.d以下にLDAP認証を使うための記述があると、ユーザランドのインストール時にSegmentation faultが出まくって、その後ユーザランドが壊滅、ログインすらできなくなる。
  2. world/lib32をインストール済みの環境にもかかわらず、lib32がインストールされない(/usr/lib32以下に空のディレクトリが3つだけになる…。)。

対処法はそれぞれ次の通りです。
※念のため、まず、ZFSをお使いの方は、freebsd-update前にsnapshotを取ることをおすすめします。

“【注意】freebsd-updateを使ったFreeBSD 10.1-RELEASEへのアップグレード【バグ】”の続きを読む