【注意】freebsd-updateを使ったFreeBSD 10.1-RELEASEへのアップグレード【バグ】

[2014/12/20 追記] lib32の件は、10.1-RELEASE-p2へのアップデート時に解決されるようになってるっぽいです。

FreeBSD 10.0-RELEASE-p12から10.1-RELEASEにfreebsd-updateでアップグレードしたところ、2つのバグに遭遇し厄介なことに。
既に被害に遭われた方、これからアップグレードする方のためにも、備忘録を残しておきます。

遭遇した既知のバグは以下2つ。

  1. ユーザ管理をLDAPで行っており、/etc/nsswitch.confや/etc/pam.d以下にLDAP認証を使うための記述があると、ユーザランドのインストール時にSegmentation faultが出まくって、その後ユーザランドが壊滅、ログインすらできなくなる。
  2. world/lib32をインストール済みの環境にもかかわらず、lib32がインストールされない(/usr/lib32以下に空のディレクトリが3つだけになる…。)。

対処法はそれぞれ次の通りです。
※念のため、まず、ZFSをお使いの方は、freebsd-update前にsnapshotを取ることをおすすめします。

“【注意】freebsd-updateを使ったFreeBSD 10.1-RELEASEへのアップグレード【バグ】”の続きを読む

ヴぁーちゃるぷらいべーとねっとわーく

なるほど。

YAMAHAのRTX-1200の認証バックエンドとしてRADIUS認証を使った場合、PAP認証かCHAP認証しか通らないと。
で、FreeRADIUSのバックエンドとしてOpenLDAPを使った場合、’userPassword’ Attributeを平文で保存してればCHAP認証が使えるけど、SSHAとかでハッシュ化して保存している場合、ハッシュ->CHAPができないので、必然的にPAP認証しか使えないと。
FreeRADIUSでMSCHAP認証が通るように小一時間苦労したけど、水の泡。
まぁ、勉強にはなった。

ちなみに RTX-1200に pp auth request mschap とか pp auth request mschap-v2 のコンフィグ入れた場合の挙動として、RADIUSサーバへ投げられる認証パケットはCHAPになってました。

一応、備忘録としてFreeRADIUS3でLDAP+MSCHAPなやり方。

“ヴぁーちゃるぷらいべーとねっとわーく”の続きを読む

ボケた爺さん

会社の鯖をFreeBSD 10.0-RELEASEにアップグレードしたら、Jenkins爺さんがボケたお話。

FreeBSD10になってから、OpenJDKがどうもおかしい。
LDAP認証でアカウントを一元管理わけですが、痴呆症の悪化により、一切ログインできなくなった。
LDAP関係あるのか無いのかわからないけど、自宅鯖のJenkins爺さん(非LDAP)では再現しない。
Clang移行に伴い、OpenJDKがlang/gccに依存関係持つようになったわけですが、Cライブラリ周りの使い方がおかしくなってるみたい。
一応、無理やり解決したので、対処法の備忘録。

“ボケた爺さん”の続きを読む

ゲロプロキシ

タイトルは全く持って無意味です。

リバース的な。

とある炎上プロジェクトのMySQLのコンフィグ。

25万件のレコードが入ったテーブルにゴニョゴニョ結合してゴニョゴニョ副問い合わせかけると数発でサーバダウン。

InnoDBのバッファプール8MBとか、もうバカかと。

責任押し付けられる始末。

ぼったくるで~

新鯖構築備忘録

Sandy Bridgeで新鯖の構築を始めますた。
とりあえず、AHCI有効でZILとL2ARC付きのZFS。
もちろんamd64なわけだけど、どのぐらい安定してくれるだろうか。

インストールまで完了。
今回は備忘録として、構築記録を残してく予定である。

ちゃんと整備してないけど、インストールのまとめはこちら

[tmkm-amazon]4839918945[/tmkm-amazon]
[tmkm-amazon]B004EBUXIK[/tmkm-amazon]
[tmkm-amazon]B004J3G35U[/tmkm-amazon]

【Pale Moon Project】Pale Moon 3.6.6へのアップデート時の注意点【Mozilla Firefox】

私は他の理由で、Pale Moon使うのやめましたが、結構戸惑ってる人が多いようなので、記事にします。

Pale Moon 3.6.3 までは、純正のMozilla Firefoxと共通のプロファイルデータを使用するようになっていました。
だから、移行が簡単っていうのも売りだったと思うんだけど、どういうわけか3.6.6からは独自のディレクトリを切って新規プロファイルを作るようになったようです。
おそらく、英語ちゃんと読めないユーザが、アンインストール時にプロファイル削除のチェックボックスにチェックいれちゃって苦情が殺到したからだろうねww
これだからエンドユーザは・・・。

ちゃんと公式にはそれらしいことが書いてあるけど、なんせ英文だから、ちゃんと読まない日本人多いよね。
私も最初戸惑ったわけで。

とはいえ、ディレクトリが別になっただけで、プロファイルのファイルフォーマットもろもろはFirefox互換なわけだから、ディレクトリごとごっそり移せばいいだけの話なんです。
具体的に移行方法の例を記しておきます。

“【Pale Moon Project】Pale Moon 3.6.6へのアップデート時の注意点【Mozilla Firefox】”の続きを読む